July 16, 2014 / 8:43 AM / 4 years ago

キリンがクラフトビール事業に本格参入、5年で単年度黒字狙う 

[東京 16日 ロイター] - キリンビールは16日、クラフトビール事業に本格参入すると発表した。東京の代官山と同社の横浜工場に醸造設備を新設し、製造・販売を行うほか、レストランも併設して、ビール体験を幅広く提供する。

 7月16日、キリンビールは、クラフトビール事業に本格参入すると発表した。写真は2009年1月、都内で撮影(2014年 ロイター)

独自のビールを打ち出すことで、ビール離れに歯止めをかけ、新たな消費者層にもビールの良さをアピールしたい考え。

新ブランド名は「SPRING VALLEY BREWERY(スプリングバレーブルワリー)」。キリンビールの磯崎功典社長は会見で「日本のビールは今までのあり方から変化を遂げ、新たなステージに突入する過渡期に立たされている」と指摘。横並びで競争するのではなく、独自のビール文化の創造に取り組むと意気込みを語った。

2015年1月に100%出資の新会社を設立する。投資金額は10―20億円を見込んでおり、来春には製造・販売を始める。2020年にはビール市場の3%、6―7万キロリットルの規模にしたいという。6万キロリットル規模になれば、売上高は150―200億円、利益は60―70億円が見込まれるという。磯崎社長は「5年で単年度黒字になれば成功だ」と述べた。

クラフトビールは、小規模な醸造所で作られたこだわりのビール。世界的にも人気化しており、米国では、金額ベースでビール市場の14%を占めているという。

来春のスタートを前に、9月からは試作品「SPRING VALLEY BREWERY 496」をオンラインで限定販売する。330ミリリットル・6本で3000円(消費税・送料込み)。田山智広マーケティング部商品開発研究所所長は「従来のカテゴリーに収まりきらないハイブリッドな商品」と位置付け、今後も、全く異なるタイプのビールを第2弾、第3弾として発売していくことを明らかにした。

キリンの1―6月期ビール系飲料(ビール、発泡酒、新ジャンル)の課税出荷数量は、前年同期比6.6%減の6518万ケースとなり、大手4社の中で唯一シェアを低下させた。磯崎社長は「これまでの行儀良さから脱し、戦う集団となるべく営業の意識改革を行い、課題に対してスピーディーに取り組んでいく」と述べ、下期に挽回を図る決意を表明した。

一方、経営資源を集中させるとして臨んだ「一番搾り」は1―6月期で同0.4%減とマイナスになったものの「缶と瓶がプラスとなり、ブランド育成には手ごたえを感じている」との認識を示した。

清水律子

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below