October 9, 2018 / 11:48 PM / 6 days ago

キリンHD、オセアニア飲料事業を売却へ 1年以内の完了目指す

[東京 10日 ロイター] - キリンホールディングス(2503.T)は10日、オセアニアの「ライオン飲料事業」(豪ビクトリア州)の株式について、売却のプロセスに入ることを決めたと発表した。広報担当者によると、半年から1年以内の売却完了を目指す。

 10月10日、キリンホールディングスは、オセアニアの「ライオン飲料事業」(豪ビクトリア州)の株式について、売却のプロセスに入ることを決めたと発表した。広報担当者によると、半年から1年以内の売却完了を目指す。写真はキリンホールディングスのロゴ。昨年7月に茨城県で撮影(2018年 ロイター/Kim Kyung Hoon)

ライオン飲料事業は、同社の100%子会社であるライオンが100%を保有している。今回の売却は、ライオンにとって、酒類が手掛けるクラフトビールやプレミアム飲料への投資強化を優先する方が成長性、収益性の面でも最適と判断したという。

キリンは、ライオン飲料事業の母体となった旧ナショナルフーズを2007年に2940億円で買収した。

ライオン飲料事業については、1カ月程度をかけ保有継続や売却、合併・提携等のさまざまな選択肢を検討していた。

*内容を追加しました。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below