January 9, 2019 / 3:31 AM / 10 days ago

キリンは2%増、サッポロは微減 19年ビール類販売計画

[東京 9日 ロイター] - キリンビールは9日、2019年のビール類(ビール、発泡酒、新ジャンル)販売について、前年比2.0%増の1億3780万ケース(1ケースは大瓶20本換算)を目指すと発表した。市場全体では同2%程度のマイナス成長を見込んでいるが、今年発売30年目を迎える「一番搾り」など主力ブランドへの集中投資に加え、クラフトビールも強化することで、販売拡大を目指す。

 1月9日、キリンビールは、2019年のビール類(ビール、発泡酒、新ジャンル)販売について、前年比2.0%増の1億3780万ケース(1ケースは大瓶20本換算)を目指すと発表した。写真は茨城県取手にある同社の工場。2017年7月撮影(2019年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

主力の一番搾りは前年比4.1%増を計画。ビール市場全体では同3%程度のマイナス成長を予想しているが、4月上旬にリニューアルすることで、需要を掘り起しを図る。昨年3月に投入した新ジャンル「本麒麟」は同46.8%増と大幅な上積みを見込んでいる。

1台で4種類のクラフトビールが提供できる「タップ・マルシェ」の取扱店も拡大。全国1万3000店(昨年12月末は約7000店)での展開を目指す。

ただ、今年は10月に消費税増税を控えており、外食産業やビール類販売にとっては大きな逆風が吹く。会見した布施孝之社長は「消費者の節約志向や生活防衛意識は依然として高い」と警戒感を示しつつも、「2014年4月の増税時は3月末に大きな駆け込み需要が発生し、4月はその反動があったが、5月まで均してみるとそれほど大きな減少にはならなかった」と述べ、対策によって乗り切れるとの認識を示した。

2018年のビール類販売は前年比5.2%増の1億3510万ケースだった。一番搾りは同2.0%減だったが、本麒麟や4月に発売したRTD(Ready To Drink)ジャンルの「キリン・ザ・ストロング」や「キリン本搾りチューハイ」が大きく伸びた。

ビール類は市場全体では2%程度のマイナス成長だったとみており、推計通りなら14年連続のマイナスとなる。

<サッポロは微減計画>

サッポロビールも同日、事業方針説明会を開き、2019年のビール類販売は前年比0.3%減の4450万ケースを目指すと発表した。4年連続で販売が拡大している「サッポロ生ビール黒ラベル」を強化することで、市場の落ち込みよりもマイナス幅を縮小したい考えだ。

黒ラベルブランドは前年比4.3%増を計画。4月にリニューアルを予定しており、特に20─30年代の開拓を目指す。「エビス」ブランドも前年比1.5%増と堅調な伸びを見込んでいる。

宮石徹常務は会見で消費増税の影響について「9月の仮需と10月以降の反動を合わせると、9月を含めた下期は少し厳しくなるとみている」と語った。

2018年のビール類販売は前年比8.1%減の4466万ケースだった。

*内容を追加しました。

志田義寧

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below