for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

オミクロン株などの猛威無視できず、最悪想定し慎重に対応=岸田首相

 12月23日、岸田文雄首相(写真)は、経団連の審議員会であいさつし、国内で市中感染が確認されたオミクロン株など、新型コロナウイルスの変異株の猛威は決して無視できないと述べた。写真は21日都内での代表撮影(2021年/ロイター)

[東京 23日 ロイター] - 岸田文雄首相は23日、経団連の審議員会であいさつし、国内で市中感染が確認されたオミクロン株など、新型コロナウイルスの変異株の猛威は決して無視できないと述べた。「最悪を想定し、慎重にも慎重を期して対応していく」と語った。

岸田首相は、政権が目指す「新しい資本主義」の意義を説明。企業が賃上げしやすくなるよう、あらゆる手段を講じて環境整備を進めると強調した。その上で「デフレ脱却のためにも、多くの企業がそろって賃上げすることが重要だ」と述べた。

(和田崇彦)

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up