August 9, 2016 / 2:02 AM / 4 years ago

岸田外相、中国大使に公船の退去要求 抗議のレベル引き上げ

[東京 9日 ロイター] - 岸田文雄外相は9日午前、日本が領土と見なす尖閣諸島(釣魚島)周辺を多数の中国公船が航行している問題で、中国の程永華駐日大使を呼んで抗議した。公船の動きが活発化した5日以降、外相が大使を呼ぶのは初めて。日本側は抗議のレベルを一段階上げた。

 8月9日、岸田文雄外相(写真)は午前、尖閣諸島(釣魚島)周辺で最近、中国公船が多数航行していることを受け、中国の程永華駐日大使を外務省に呼んだ。都内で昨年10月撮影(2016年 ロイター/Yuya Shino)

岸田外相は程大使に対し、「一方的に現場の緊張を高める行動を取っていることは断じて受け入れられない」と抗議。公船の即時引き揚げを要求した。

また、6月に中国の軍艦が尖閣諸島の接続水域を航行したことや、空軍の戦闘機が同諸島に向かって南下した事例にも言及し、「日中関係をめぐる状況は著しく悪化していると言わざるを得ない」と伝えた。

程大使が外務省の応接室に入ったのは午前10時ごろ。岸田外相は出迎えをせず、10分ほど遅れて入室し、大使を待たせる形となった。

約20分間の面会後、程大使は記者団の取材に応じ、「釣魚島は中国固有の領土であり、中国の関連の船舶がこの海域で活動するのは当然のことだとの中国側の立場を説明した」と語った。その上で「外交チャネルの対話を通じ、解決に向けて努力していくべきと伝えた」と述べた。

さらに程大使は「中国がエスカレートさせているという批判は当たらない」と記者団に主張。「当該海域は漁船の活動が増えていて、その関連の指導、事態の複雑化にならないよう中国側が努力をしていることを理解してもらいたい」と語った。

尖閣諸島周辺では、5日から中国海警局の船の動きが活発化。数が徐々に増え、8日までに過去最多の15隻が同時に接続水域を航行したほか、日本が主張する領海への侵入も繰り返している。

海上保安庁によると、9日は13隻が接続水域を航行。うち2隻が領海に入った。

尖閣諸島をめぐっては、日本は領土問題は存在しないとの立場を取る一方、中国は領有権を主張している。

*内容とカテゴリーを追加しました。

久保信博 編集:山川薫

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below