May 6, 2020 / 7:35 PM / 18 days ago

米KKR、第1四半期は11%増益 資産売却など寄与

[ニューヨーク 6日 ロイター] - 米プライベートエクイティ(PE)のKKRが6日発表した第1・四半期決算は、税引き後利益が前年比11%増加した。新型コロナウイルス流行による市場急変前の資産売却や手数料収入増が寄与した。

税引き後利益は3億5530万ドルで、前年同期の3億1410万ドルから増加。1株利益は0.42ドルで、リフィニティブのアナリスト予想平均と一致した。

新型コロナ流行を受けた相場変動で、KKRの株式ポートフォリオの時価総額は第1・四半期に12%減少。一方、インフラファンドは18%増加した。

第1・四半期末の運用資産は2071億ドルで、昨年第4・四半期末の2184億ドルから減少した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below