for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

コマツ、17年3月期は28%営業減益予想 中国需要「頭打ち」の兆候も

 4月27日、コマツが発表した2017年3月期の連結業績予想(米国会計基準)は、営業利益が前年比28.1%減の1500億円の見通しとなった。写真は都内で2013年1月撮影(2016年 ロイター/Shohei Miyano)

[東京 27日 ロイター] - コマツ6301.Tが27日発表した2017年3月期の連結業績予想(米国会計基準)は、営業利益が前年比28.1%減の1500億円の見通しとなった。売上高は同9.2%減の1兆6850億円を見込む。

円高の影響や建設・鉱山機械の需要減が響く。

想定為替レートは1ドル=105円、1ユーロ=119円、1人民元=16.2円に設定した。年間配当予想は1株58円と前年比横ばいを見込む。トムソン・ロイターのスターマイン調査によると、アナリスト19人の営業利益の予測平均値は1852億円。会社計画はこれを下回っている。

16年度の主要建機台数の全体需要は前年比で5─10%減少する見通し。うち中国市場では20─25%減を見込む。コマツの藤塚主夫・副社長CFO(最高財務責任者)は決算会見で、中国市場について「製造業中心に成長が鈍化していることは変わらない」と指摘する。

建機・車両事業における1━3月期の中国売上高は持ち直しの兆候がみられる。ただ「台数ベースでは春節明け後、しばらくは対前年でほぼ同じようなペースだったが、少しずつ陰りが出てきて、頭打ちになっている」という。

16年3月期の売上高は前年比6.3%減の1兆8549億円。営業利益は同13.8%減の2085億円となった。ともにこれまでの会社計画を下振れて着地した。

同社は18年度を最終年度とする新たな中期経営計画も発表。新興国の成長鈍化や資源価格低迷を背景に、建設・鉱山機械の需要の足踏みが予想されるなか、IoT(モノのインターネット)の活用などで業界水準を超える成長率を目指すという。また連結配当性向については40%以上とし、60%を超えない限り減配はしない方針も示した。

*内容を追加します。

長田善行

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up