for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

コマツの4─12月期営業利益29.7%減、通期予想は据え置き

 1月31日、コマツが発表した2019年4─12月期の連結営業利益(米国会計基準)は、前年同期比29.7%減の2078億円だった。写真は都内で2013年1月撮影(2020年 ロイター/Shohei Miyano)

[東京 31日 ロイター] - コマツ6301.Tが31日発表した2019年4─12月期の連結営業利益(米国会計基準)は、前年同期比29.7%減の2078億円だった。主力の建設機械・車両部門では中国の売上高が約20%減少した。

19年4―12月期の売上高は同9.5%減の1兆8274億円、純利益は同26.6%減の1352億円。

主力の建設機械・車両の地域別売上高では、欧州などが増加した一方、中国では20.7%の減少。日本・中国を除くアジア・オセアニアでは27.4%減少した。

20年3月期の連結営業利益予想は前年比29.9%減の2790億円で据え置いた。会社予想は、リフィニティブが集計したアナリスト18人の予測平均値3052億円を下回っている。

*内容を追加します。

青山敦子

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up