for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

コマツ、円安と値上げで今期上方修正 需要も堅調

[東京 31日 ロイター] - コマツは31日、2023年3月期の連結営業利益見通し(米国会計基準)を従来の3460億円から前年比38.8%増の4400億円に上方修正した。北米やアジアで建機・鉱山機械の需要が堅調なほか、製品の値上げが進み、円安も業績を押し上げる。

IBESによるアナリスト16人の予想平均値3892億円を上回った。

サプライチェーン(供給網)の混乱による供給問題も改善を見込む。通期の為替レートは1ドル=135.8円(従来118円)、1ユーロ=137.5円(同129円)、1豪ドル=91円(同88円)に見直した。

中間期の配当は従来予想の1株48円から16円増額し、64円とした。期末配当予想も1株48円から64円に引き上げた。

4─9月期の連結営業利益は前年同期比55.3%増の2116億円だった。資材価格や輸送費が上昇したものの、堅調な需要を背景に値上げが進み、円安も追い風となった。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up