January 31, 2019 / 6:56 AM / 23 days ago

コマツの4─12月期営業利益59%増、通期予想は据え置き

 1月31日、コマツが発表した2018年4─12月期の連結営業利益(米国会計基準)は、前年同期比59.0%増の2958億円だった。写真はラスベガスで2017年3月撮影(2019年 ロイター/David Becker)

[東京 31日 ロイター] - コマツ(6301.T)が31日発表した2018年4─12月期の連結営業利益(米国会計基準)は、前年同期比59.0%増の2958億円だった。主力の建設機械・車両事業では北米に加え、戦略市場と位置づけるアジア(日本と中国を除く)などの売り上げが伸びた。

9カ月間の業績はおおむね想定通りに進ちょくしているため、19年3月期通期の業績予想は据え置いた。

18年4―12月期の売上高は同11.8%増の2兆0186億円だった。北米ではエネルギー・インフラ関連を中心に建機需要の好調が持続。アジアでは石炭価格の上昇に伴い、最大市場のインドネシアで鉱山機械の需要が引き続き好調だった。当期利益は同18.8%増の1841億円だった。

19年3月期の連結営業利益予想は前年比41.9%増の3810億円で据え置いた。会社予想は、リフィニティブが集計したアナリスト20人の予測平均値3948億円を下回っている。

コマツは31日開催の取締役会で、4月1日付での社長交代を決議した。小川啓之専務執行役員が社長兼最高経営責任者(CEO)に就任する。大橋徹二社長兼CEOは代表権のある取締役会長に就く。

小川専務は同日の社長交代会見で、4―12月期業績について「それほど悪い決算ではなかったと思うが、中国の景気減速で先行きは不透明。今後、中国の動向が世界経済にどういう影響を及ぼすか、よく注視していかないといけない」と指摘した。

また、小川専務はコマツの中国戦略に関して、価格競争に巻き込まれることなく、「高品質で高機能な製品を高い値段で売っていく方針に変わりない。アフターマーケット、バリューチェーンを強化する」と語った。

直近では排ガス規制に対応した新機種、現地調達率、アフターマーケットの強化など「打てる対策を打っている」とし、中国現地メーカーの台頭にも「注目しながら、中期経営計画で(対策を)考えていきたい」と述べた。

*内容を追加しました。

白木真紀

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below