April 10, 2018 / 3:08 AM / 3 months ago

口裏合わせあってはならない、国民に説明を=山口公明代表

[東京 10日 ロイター] - 公明党の山口那津男代表は10日の定例会見で森友学園問題を巡り財務省理財局が森友学園側にごみ撤去について虚偽の説明求める口裏合わせを行っていた点について、「あってはならない」と厳しく批判し、「実態を徹底的に解明して、財務省全体として国民に説明してほしい」と要請した。

 4月10日、公明党の山口那津男代表(写真)は定例会見で森友学園問題を巡り財務省理財局が森友学園側にごみ撤去について虚偽の説明求める口裏合わせを行っていた点について、「あってはなあらない」と厳しく批判し、「実態を徹底的に解明して、財務省全体として国民に説明してほしい」と要請した。写真は昨年12月北京での代表撮影(2018年/ロイター)

加計学園の獣医学部新設計画を巡り、愛媛県や今治市職員、学園幹部が柳瀬唯夫首相秘書官(当時)らと面会した際の記録文書が存在していたとの報道について、「文書が本当に存在するのかわからないので、コメントは控えたい」とした。その上で「関係した部署で、そうしたことが取り沙汰されるのであれば、きちんと国民に説明責任を尽くすことが大切」との見解を示した。

*誤字を修正して再送します。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below