January 17, 2020 / 4:35 AM / 2 months ago

国民の厳しい視線受け止めた政権運営が必要=山口公明代表

 1月17日、公明党の山口那津男代表(写真)は、正午に首相官邸で開かれた政府与党連絡会議で、20日に始まる通常国会では、国民の批判を真摯に受け止める必要があると指摘した。写真は都内で昨年7月撮影(2020年 ロイター/Issei Kato)

[東京 17日 ロイター] - 公明党の山口那津男代表は、17日正午に首相官邸で開かれた政府与党連絡会議で、20日に始まる通常国会では、国民の批判を真摯に受け止める必要があると指摘した。野党側が追及を強める首相主催の「桜を見る会」やカジノを含む統合型リゾート(IR)をめぐる問題に対して説明が必要との立場を改めて強調した格好だ。

発言の趣旨に関して、山口代表は連絡会議後の会見で、「桜を見る会は各種調査によれば説明が十分でないとの声が多い。(IR疑惑などをめぐる)国会議員の逮捕もある。国民の厳しい視線を受け止め、批判を聞いたうえで政権運営することが必要」と説明した。

竹本能文

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below