April 8, 2019 / 1:39 AM / 17 days ago

大韓航空の趙亮鎬会長が死去、70歳

 4月8日、韓国の大韓航空は、趙亮鎬(チョ・ヤンホ)会長が死去したと発表した。米国で、慢性疾患のため亡くなった。写真は昨年6月にソウルで撮影(2019年 ロイター/KIM HONG-JI)

[ソウル 8日 ロイター] - 韓国の大韓航空(003490.KS)は8日、趙亮鎬(チョ・ヤンホ)会長が死去したと発表した。米国で、慢性疾患のため亡くなった。70歳だった。

関係者によると、同会長は肺疾患があった。同会長を巡っては先月下旬の株主総会で取締役再任が否決されていた。

大韓航空は、2014年に趙会長の長女、趙顕娥(チョ・ヒョナ)氏が、機内サービスのナッツの出し方に激怒して搭乗機をゲートに引き返させたことが問題となったほか、18年4月には二女の趙顕ミン(チョ・ヒョンミン)氏が会議の出席者に飲み物を投げつけたとして、非難を浴びた。趙会長は昨年、横領や背信の罪で起訴されたが、起訴内容を否認していた。

同会長の死去発表を受け、大韓航空株は0017GMT(日本時間午前9時17分)時点で3%高。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below