May 15, 2020 / 9:40 AM / 3 months ago

大韓航空の第1四半期は6700万ドルの営業赤字に転落、コロナ直撃

5月15日、大韓航空が発表した第1・四半期決算(暫定値)は新型コロナウイルスの流行で大きな打撃を受け、連結営業損益が828億ウォン(6730万ドル)の赤字に転落した。仁川空港で3月撮影(2020年 ロイター/Heo Ran)

[ソウル 15日 ロイター] - 大韓航空(003490.KS)が15日発表した第1・四半期決算(暫定値)は新型コロナウイルスの流行で大きな打撃を受け、連結営業損益が828億ウォン(6730万ドル)の赤字に転落した。前年同期は1406億ウォンの黒字だった。

コスト削減により業績は市場予想を上回る水準となったものの、同社は全ての路線で需要が落ち込み、第1・四半期の有償旅客キロ数は前年同期比29.5%減少した。

一方、旅客便が減少した影響で貨物積載能力が低下したにもかかわらず、貨物輸送トンキロは同3.1%増加した。貨物専用機の使用を増やしたほか、旅客機を貨物機として運航した。

大韓航空は、新型コロナの影響で第2・四半期にも赤字が続くとの見通しを示した。

世界的に旅客便が減便や運航停止となっているため、貨物積載能力の不足も続くとみられるという。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below