February 12, 2015 / 9:03 AM / 5 years ago

「ナッツ事件」の大韓航空前副社長に懲役1年の実刑判決=裁判所

 2月12日、機内でナッツの出し方に腹を立て、搭乗機を引き返させたとして航空保安法違反などの罪に問われた大韓航空の前副社長、趙顕娥(チョ・ヒョンア)被告に対し、韓国の裁判所は懲役1年の実刑判決を言い渡した。写真は、趙顕娥(チョ・ヒョンア)被告(中央)、2014年撮影(2015年 ロイター/Kim Hong-Ji)

[ソウル 12日 ロイター] - 機内でナッツの出し方に腹を立て、搭乗機を引き返させたとして航空保安法違反などの罪に問われた大韓航空(003490.KS)の前副社長、趙顕娥(チョ・ヒョンア)被告に対し、韓国の裁判所は懲役1年の実刑判決を言い渡した。

検察の求刑は懲役3年。

裁判所側は12日、「人間の尊厳が踏みにじられた」と指摘。今月に入り、証人として出廷した接客責任者は「野獣のように」振る舞う趙被告から、「奴隷」のように扱われたと証言していた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below