for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米・EU、コソボ情勢に懸念表明 NATOも対話呼びかけ

[ワシントン/アムステルダム 28日 ロイター] - 欧州連合(EU)と米国は28日、コソボ北部での緊張の高まりに懸念を表明し、状況の緩和を呼びかける共同声明を発表した。

共同声明で「われわれは全ての人に最大限の自制を求め、無条件の状況緩和に向けた行動を直ちに実施し、挑発、脅迫、威嚇を控えるよう求める」と指摘。米国とEUはセルビアのブチッチ大統領およびコソボのクルティ首相と協力して、緊張状態を緩和するための政治的解決策を模索するとした。

これに先立ち、北大西洋条約機構(NATO)のコソボ治安維持部隊(KFOR)は、コソボ北部での緊張緩和に向け全ての当事者間の対話を支持すると発表。全ての当事者が挑発的な武力行使を控え、安全確保に向け最善の解決策を模索することを期待するとした。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up