March 12, 2018 / 5:42 AM / 6 months ago

歌手K・ペリーの修道院購入に反対の修道女、裁判所で倒れ死亡

[10日 ロイター] - 米ポップ歌手ケイティ・ペリーさんがロサンゼルスの修道院購入を巡り起こした裁判で、購入阻止を目指していた修道女2人のうち1人、キャサリン・ローズ・ホルツマン修道女(89)が9日、訴訟に関連した聴聞中に裁判所で昏倒し、死亡した。テレビなどが報じた。

 3月10日、米ポップ歌手ケイティ・ペリーさんがロサンゼルスの修道院購入を巡り起こした裁判で、購入阻止を目指していた修道女2人のうち1人、キャサリン・ローズ・ホルツマン修道女(89)が9日、訴訟に関連した聴聞中に裁判所で昏倒し、死亡した。テレビなどが報じた。写真は昨年3月撮影(2018年 ロイター/Danny Moloshok)

ホルツマンさんらは、面積3ヘクタールの修道院について、ペリーさんへの売却阻止を訴え、ホテルに転用したいとする飲食店経営者ダナ・ホリスター氏への売却を望んでいた。

死因について、ロサンゼルス郡検死官とロサンゼルス大司教区は問い合わせに回答しなかった。この修道院にはかつて、ホルツマンさんを含め、「聖母マリアの汚れなきみ心」コミュニティに属する5人の修道女が住んでおり、ホルツマンさんとリタ・カラナン修道女は、この施設をホリスター氏に1550万ドル(16億5000万ドル)で売却することを目指していた。

しかし、ロサンゼルス大司教区は2015年、ホルツマンさんらには施設をホリスター氏に売却する権限はないとして、売却阻止の訴訟を起こした。2016年、判事が売却は無効と判断し、ペリーさんが大司教区から施設を購入する道が開けていた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below