for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

中国の動画アプリ「快手」、香港上場で最大50億ドル調達へ

 9月17日、中国の動画共有アプリ「Kuaishou(快手)」は来年1月にも香港市場に新規上場し、最大で50億ドルの調達を目指している。関係筋が明らかにした。写真は香港で2018年1月撮影(2020年 ロイター/Bobby Yip)

[香港 17日 ロイター] - 中国の動画共有アプリ「Kuaishou(快手)」は来年1月にも香港市場に新規上場し、最大で50億ドルの調達を目指している。関係筋が明らかにした。

同社は9年前に創業。中国のインターネットサービス大手、騰訊(テンセント)0700.HKが出資している。企業価値評価は500億ドル超を目指しているという。

IPOに向けてバンク・オブ・アメリカとチャイナ・ルネッサンス、モルガン・スタンレーと契約し、10月末にも上場申請を行う方向で調整を行っているという。

快手と投資銀行各社からのコメントは得られていない。

●ここから

「快手」のアプリは、ユーザーによる動画のアップロードやライブ配信が特徴となっている。

調査会社CBNデータによると、「快手」の月あたりアクティブユーザー数(MAU)は4億3000万人。競合する北京字節跳動科技(バイトダンス)の短編動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」の中国版、「抖音」のMAUは5億人超となっている。

「快手」は昨年、IPOを視野に入れてテンセントの支援で30億ドルを調達。2人の関係筋によると、その際は企業価値を約300億ドルと評価していた。

*内容を追加しました。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up