for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

くら寿司、10年で店舗・売上倍増の計画 海外強化で中国初出店

1月21日、回転寿司チェーンくら寿司は、グローバル戦略説明会で、2030年中に店舗数1000店、売上高3000億円と倍増を目指す計画を発表した。写真は都内のくら寿司店舗で撮影(2020年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[東京 21日 ロイター] - 回転寿司チェーンくら寿司2695.Tは21日、グローバル戦略説明会で、2030年中に店舗数1000店、売上高3000億円と倍増を目指す計画を発表した。中国への初出店のほか、今後は東南アジアへの進出も検討しており、海外事業を拡大させる方針だ。

くら寿司は現在、国内外で495店を運営し、売上高は約1300億円(2019年10月末時点)。

海外事業では、米国、台湾に続き中国に初進出し、上海を皮切りに10店舗の開店を目指す。

国内では22日に、東京・浅草にグローバル旗艦店舗をオープンする。訪日観光客向けに音声翻訳機や自動案内・会計システムを導入し、今後9カ所の既存店をグローバル対応店とする。

会見した田中邦彦社長は「五輪のある今年、第二の創業期としてここがターニングポイントになったと言われるような年にしたい」と意気込みを語った。

くら寿司は、「日本発のファーストフードである寿司にもチャンスがある」として、将来的に米スターバックスSBUX.Oなど大手と並ぶ売上高規模のグローバル寿司チェーンを目指すという。

*写真を追加しました。

白木真紀 記事作成:田中志保

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up