April 11, 2019 / 8:41 PM / 11 days ago

世界経済、来年は高成長へ 米中摩擦など不確実性も=日銀総裁

 4月11日、日銀の黒田東彦総裁は世界経済について「今年後半に回復し、来年は十分高い成長が見込まれるというのがメインシナリオ」と述べ、楽観的な見通しを示した。都内で昨年10月撮影(2019年 ロイター/ISSEI KATO)

[ワシントン 11日 ロイター] - 日銀の黒田東彦総裁は11日、世界経済について「今年後半に回復し、来年は十分高い成長が見込まれるというのがメインシナリオ」と述べ、楽観的な見通しを示した。20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議に出席するため訪れた米ワシントンで語った。

一方、米中通商協議や英国の欧州連合(EU)離脱の行方など、先行きには不確実性が残るとも指摘した。

米中協議については「合意が成立することを期待している」と述べた上で、協議が続いており決裂リスクは抑制されているとの見方を示した。

また、「保護主義的な動きは米中双方にとってプラスにならない」と強調。世界貿易機関(WTO)の下で自由貿易が世界経済発展に寄与したという認識でG20各国の努力が必要で、今回のG20でもそうした議論になるだろうと述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below