Reuters logo
景気は回復基調を継続、経済・物価・金融踏まえ必要な政策調整=日銀総裁
April 10, 2017 / 12:54 AM / in 8 months

景気は回復基調を継続、経済・物価・金融踏まえ必要な政策調整=日銀総裁

[東京 10日 ロイター] - 黒田東彦日銀総裁は10日、都内の本店で開かれている春の支店長会議であいさつし、景気は緩やかな回復基調を続けており、先行きは緩やかな拡大に転じていくとの見通しを示した。

 4月10日、黒田東彦日銀総裁は、都内の本店で開かれている春の支店長会議であいさつし、景気は緩やかな回復基調を続けており、先行きは緩やかな拡大に転じていくとの見通しを示した。写真は2015年1月ダボス会議に出席した際の黒田総裁(2017年 ロイター/Ruben Sprich)

消費者物価(除く生鮮食品、コアCPI)の前年比は、足元でゼロ%程度で推移しているが、先行きは「マクロ的な需給バランスが改善し、中長期的な予想物価上昇率も高まるにつれて、2%に向けて上昇率を高めていく」との見方を示した。

また、日本の金融システムは安定性を維持しており、金融環境は「極めて緩和した状態にある」と語った。

金融政策運営では、2%の物価安定目標の実現を目指し、これを安定的に持続するために必要な時点まで「長短金利操作付き量的・質的金融緩和」を継続すると述べるとともに、コアCPI上昇率の実績値が「安定的に2%を超えるまで、マネタリーベースの拡大方針を継続する」と指摘。

今後も経済・物価・金融情勢を踏まえ、物価安定目標に向けたモメンタムを維持するため、「必要な政策の調整を行う」方針もあらためて表明した。

伊藤純夫

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below