for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

金融の潜在的リスクにも十分注意して政策運営=黒田日銀総裁

黒田東彦日銀総裁は16日の衆院財務金融委員会で、経済・物価への下振れリスクを警戒し、現在の金融緩和を続けていくことが適当だと説明した。写真は、2019年7月30日に会見する黒田総裁。(2021年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[東京 16日 ロイター] - 黒田東彦日銀総裁は16日の衆院財務金融委員会で、経済・物価への下振れリスクを警戒し、現在の金融緩和を続けていくことが適当だと説明した。ただ「金融に関する潜在的なリスクにも十分な注意を払いながら、適切な政策運営に努めていく」と述べた。櫻井周委員(立憲民主党・無所属)の質問に答えた。

黒田総裁はETF買い入れについて「金融市場の不安定化を阻止するために実施しており、特定の株価水準は目指していない」と強調。物価安定目標の実現が近づけば、ETF買い入れを含めた金融緩和政策の出口への戦略を適切に情報発信していくと述べた。ただ、現在はETF買い入れの出口を検討する段階ではないと語った。

黒田総裁は、足元の株高は経済や企業収益の先行きの見方を反映したものだとの認識を示し、「行き過ぎかどうかは後にならないとわからない」と述べた。

和田崇彦

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up