for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

サウジとクウェート、中立地帯での原油生産再開で正式合意

[ドバイ/クウェート 24日 ロイター] - サウジアラビアとクウェートは24日、両国の中立地帯で共同運営する油田の生産を再開することで正式に合意した。国営クウェート通信によると、同国のサバハ・ハリド外相とサウジのアブドルアジズ・エネルギー相が覚書に調印した。

再開されるのはカフジ油田とワフラ油田で、生産能力は合わせて日量約50万バレルと世界の供給量の最大0.5%に相当する。カフジ油田は2014年に、ワフラ油田は15年にそれぞれ生産を停止していた。

サウジ側でワフラ油田の生産を担ってきた米石油大手シェブロンCVX.Nは1年以内にフル操業を再開するとの見通しを明らかにした。

サウジのエコノミストは中立地帯で両国の主権を明確にしたことに加えて、国境全体を最終的に画定させたことが最も重要だと指摘した。

アブドルアジズ氏は今月ロイターに、両油田で生産を再開しても石油輸出国機構(OPEC)と主要産油国による減産合意には影響はないと述べていた。

クウェートのファデル石油相も24日の調印式で「カフジ油田とワフラ油田の生産再開はサウジとクウェートの国際合意を巡る取り組みとは無関係だ」と指摘した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up