July 30, 2020 / 7:11 AM / 10 days ago

京セラが通期予想を据え置き、自動車需要「底打ち見られる」

7月30日、京セラは、2021年3月期の連結営業利益(国際会計基準)予想を前年比25.1%減の750億円で据え置いた。写真は京セラのロゴ。都内で2012年5月撮影(2020年 ロイター/Issei Kato)

[東京 30日 ロイター] - 京セラ(6971.T)は30日、2021年3月期の連結営業利益(国際会計基準)予想を前年比25.1%減の750億円で据え置いた。新型コロナウイルスや米中摩擦のリスクがある一方、自動車関連市場では需要底打ちが見られ、次世代通信網「5G」関連製品の需要増も見込まれるとしている。リフィニティブがまとめたアナリスト予想の平均は725億円。

20年4―6月期は「新型コロナの影響で厳しい結果だったが概ね期初の想定の範囲内で推移した」とした。連結営業利益は前年同期比66.5%減の75億円だった。部品事業では自動車関連市場などの生産停滞で主に米子会社が減収となり電子デバイスの売上が減少。機器・システム事業は、オフィスへの出勤抑制の広がりで機器・消耗品の需要が減少しドキュメントソリューションが減収となった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below