Reuters logo
サッカー=同性愛告白のロジャース、MLS公式戦初出場
2013年5月28日 / 02:52 / 4年後

サッカー=同性愛告白のロジャース、MLS公式戦初出場

[27日 ロイター] - サッカーの米メジャーリーグ・サッカー(MLS)ギャラクシーに所属するロビー・ロジャース(26)は26日、米カリフォルニア州カーソンで行われたサウンダーズとの試合に途中出場。同性愛者であることを公に認めた選手が米国でプロの主要団体スポーツの公式戦に出場したのはこれが初めてとなった。

5月27日、サッカーのMLSギャラクシーに所属するロビー・ロジャース(写真)は26日、サウンダーズ戦に途中出場。同性愛者であることを公に認めた選手が米国でプロの主要団体スポーツの公式戦に出場したのはこれが初めて。米カリフォルニア州カーソンで26日撮影(2013年 ロイター/Danny Moloshok)

前日にギャラクシーへの入団が発表されたロジャースは、後半32分にピッチに送り出されると約2万5000人の観衆に拍手で迎えられた。「始まる前はとても緊張していた。これは自分が数えきれないほどプレーしてきたサッカーの試合だと気持ちを落ち着かせたが、大勢に見られていることは分かっていた」とコメントした。

歴史に名を刻んだその試合は4─0でギャラクシーが勝利。ロジャースは「チームが勝ったことが何より大事」とし、「これまで自分の人生を見つけ出そうと長い旅に出ていたようなものだったが、ようやく自分の居場所に戻ってくることができた」と述べた。

チームメートのランドン・ドノバンは、「これで騒ぎが落ち着いて、ロジャース本人が望むようにただのサッカー選手に戻れることを願っている」と語った。

ロジャースは2008年北京五輪の米国代表メンバー。米国のプロスポーツ界では米プロバスケットボール協会(NBA)のジェーソン・コリンズが先日同性愛者であることを公に認めたが、レギュラーシーズンが終わりフリーエージェント(FA)となっていたために発言後の公式戦出場はしていなかった。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below