Reuters logo
「ワイルド・スピード」最新作、ユニバーサル史上最高のオープニング興収
2013年5月28日 / 04:27 / 4年後

「ワイルド・スピード」最新作、ユニバーサル史上最高のオープニング興収

[ロサンゼルス 27日 ロイター] - 人気カーアクション映画の最新作「ワイルド・スピード EURO MISSION」(日本公開7月6日)が27日、配給元ユニバーサル・ピクチャーズにとって過去最高のオープニング北米興行収入を記録した。

5月27日、人気カーアクション映画の最新作「ワイルド・スピード EURO MISSION」が、配給会社のユニバーサル・ピクチャーズにとって過去最高のオープニング北米興行収入を記録した。写真はロサンゼルスで5月に行われたプレミア試写会でポーズを取る主演のヴィン・ディーゼル(2013年 ロイター/Fred Prouser)

ヴィン・ディーゼルとドゥエイン・ジョンソンらが出演する同作品は、24─26日の3日間と27日の米祝日メモリアルデーを合わせた興行収入が推定1億2000万ドル(約121億円)に達したという。今年公開された作品の中では、「アイアンマン3」の1億7530万ドルに次ぐオープニング興収。

派手なカーアクションが人気の同映画だが、シリーズ6作目は舞台を欧州に移し、ディーゼル演じるカリスマストリートレーサーらが活躍する。世界興収はすでに3億ドルの大台に上るという。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below