Reuters logo
ドル101円後半、株高持続に懐疑的で上値重い
2013年5月28日 / 07:22 / 4年後

ドル101円後半、株高持続に懐疑的で上値重い

[東京 28日 ロイター] - 東京外為市場午後3時のドル/円は、前日の東京市場午後5時時点に比べてドル高/円安の101円後半。午後、日経平均が一段高になると102.06円まで上昇した。ただ、株高持続への懐疑的な見方から上値は重く、102円台でドルを買い増す機運は高まらなかった。

5月28日、東京外為市場では、午後、日経平均が一段高になると102.06円まで上昇した。ただ、株高持続への懐疑的な見方から上値は重く、102円台でドルを買い増す機運は高まらなかった。写真は3月、都内で撮影(2013年 ロイター/Shohei Miyano)

この日の午後も、ドル/円は日経平均.N225の値動きに影響を受けた。後場の東京株式市場で取引が始まると、日経平均は上げ幅を拡大。ドル/円は101.80円を軸に狭いレンジで停滞を続けていたが、日経平均が朝方の高値を突破すると円売りに傾斜した。ドル/円は午前の高値102.01円を上抜けて102.06円まで上昇した。この間、米長期金利も上昇し、ドル/円の戻りを支援した。

しかし、102円台で推移する時間帯はごく短く、102円に乗せるとすぐに押される展開が繰り返された。あおぞら銀行・市場商品部の諸我晃次長は、株高基調の持続にまだ確信が持ち切れず、「102円に乗せるところで積極的に買っていく感じではない」と話した。休場明けとなるきょうの米国市場で株価が落ち着くのか、米債市場を眺めながら米国の緩和縮小に向けて確信が持てる状況になるかがポイントになるとの見方を示した。

朝方の取引で、ドル/円は日経平均や株価先物の上昇に連動して上昇し、102.01円まで上値を伸ばした。主に米系ファンドによるショートカバーがドル高をけん引する格好となったが、101.50円ちょうどのストップ(損失確定ポイント)手前では、輸入企業によるドルの手当て買いも散見され、ドル高が勢いづいた。「103円台を見た後なので、100円台、101円台では(輸入企業が)期近物を手当てし始めた」(FX会社)。一方、機関投資家は概して静観ムードだという。

(ロイターニュース 和田崇彦)

ドル/円JPY=  ユーロ/ドルEUR=  ユーロ/円EURJPY=

午後3時現在 101.90/92  1.2923/27  131.69/73

正午現在   101.86/88  1.2897/01  131.38/42

午前9時現在 101.11/13  1.2932/35  130.76/80

東京午後5時 101.00/01  1.2940/41  130.70/74

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below