Reuters logo
アステラスと共同開発の抗真菌剤、米当局から希少疾病医薬品指定=スイスのバシリア
2013年5月28日 / 09:52 / 4年後

アステラスと共同開発の抗真菌剤、米当局から希少疾病医薬品指定=スイスのバシリア

[チューリヒ 28日 ロイター] - スイスのバイオ技術企業バシリアBLSN.Sは、アゾール系抗真菌剤イサブコナゾールについて、米食品医薬品局(FDA)から、希少疾病用医薬品としての指定を受けた。

イサブコナゾールは、アステラス製薬(4503.T)と共同で開発が進められている。

医薬品アナリストらによると、イサブコナゾールの年間販売額の潜在的なピークは5億3000万─6億スイスフラン(6億2347万ドル)と見込まれており、そのうちバシリアはロイヤルティとして最大25%を受け取るとみられている。

バシリアのチーフ・メディカル・オフィサー、Achim Kaufhold氏は声明で「(今回の米当局による指定は)イサブコナゾールの高い必要性を反映したものであり、バシリアおよびパートナーであるアステラス製薬にとって重要な節目となるものだ」と述べた。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below