Reuters logo
英歳出見直し、7省庁が最大10%の削減に合意
2013年5月28日 / 20:54 / 4年後

英歳出見直し、7省庁が最大10%の削減に合意

[ロンドン 28日 ロイター] - 英国のオズボーン財務相は28日、歳出見直しの一環として、2015/16年予算の下で7省庁が8─10%の支出削減に合意したことを明らかにした。

オズボーン財務相によると、司法省、エネルギー・気候変動省、地域・地方政府担当省の支出を大幅に抑える一方、国民医療サービス(NHS)は削減の影響を受けない。また学校に対する支出にも影響がないよう努めるという。

同財務相は、さらなる削減をめぐる協議は「順調に推移している」と述べた。

政府は歳出見直しを6月26日に公表する予定。ただ、同見直しで削減予定の115億ポンドのうち約80%に相当する残りの約90億ポンドの削減について、保守党内で摩擦が高まる可能性もある。

削減方法をまだ示していないのは、国防省、内務省、民間企業・技術革新・技能省、地域・地方政府担当省など。ハモンド国防相は、国防費をさらに大きく削減すれば英国の軍事力が低下するとして、総額340億ポンドの国防費の削減に反対する姿勢を示している。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below