January 16, 2014 / 1:16 AM / 6 years ago

ビール類の課税出荷は9年連続過去最低、アサヒが4年連続シェアトップ

1月16日、ビール大手5社が発表した2013年のビール系飲料(ビール・発泡酒・新ジャンル)の課税出荷数量は、前年比1.0%減となった。写真は2009年1月に都内で撮影(2014年 ロイター)

[東京 16日 ロイター]-ビール大手5社が16日に発表した2013年のビール系飲料(ビール・発泡酒・新ジャンル)の課税出荷数量は、前年比1.0%減となった。

夏の猛暑やアベノミクスによる景気回復などが後押ししたものの、すう勢的な減少傾向や秋の天候不順による落ち込みをカバーできなかった。9年連続の減少で、現行統計が始まった1992年以降の過去最低を更新した。

2014年は、4月の消費増税が波乱要因となる。各社は「消費の2極化」が顕著になると予想、付加価値の高い商品で市場の活性化を図りたい考え。伸長しているプレミアムビール市場で大手4社の商品が出揃うことから、競争は激しくなりそうだ。

各社別では、アサヒビール(アサヒグループホールディングス(2502.T))のシェアが37.6%、2位のキリンビール(キリンホールディングス(2503.T))が34.8%となり、アサヒが4年連続でシェアトップ。 サントリー酒類(サントリーホールディングスSUNTH.UL)は14.7%で過去最高のシェアを達成したほか、サッポロビール(サッポロホールディングス(2501.T))は12.0%で2年連続のシェアアップを果たした。キリンビールのみがシェアを低下させた。

13年の酒類別の出荷量は、ビールが前年比1.7%減、発泡酒が同6.3%減となった一方で、新ジャンルは同2.0%増と伸びた。この結果、ビール系飲料全体に占める酒類別の構成比は、ビールが50.0%、発泡酒が13.5%、新ジャンルが36.5%。新ジャンルは伸び率が鈍化しているものの、9年連続で前年比プラスとなった。

昨年12月の課税出荷量は、前年比0.5%減で2カ月連続でマイナスとなった。酒類別の出荷量は、ビールが前年比横ばい、発泡酒が同7.9%減で7カ月連続のマイナス、新ジャンルは同1.7%増で2カ月ぶりのプラス。ビール系飲料全体に占める酒類別の構成比は、ビールが55.8%、発泡酒が12.6%、新ジャンルが31.6%となった。

ビール系飲料の出荷量は、アサヒビール、キリンビール、サントリー酒類、サッポロビール、オリオンビールの5社の合計。

(清水律子 編集:田中志保)

*内容を追加します。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below