June 9, 2013 / 12:57 AM / 6 years ago

テニス=セリーナが11年ぶり全仏制覇、シャラポワ下す

6月8日、テニスの全仏オープン女子シングルス決勝は、世界ランク1位のセリーナ・ウィリアムズ(右)が同2位のマリア・シャラポワ(左)を下し、11年ぶり2回目の優勝(2013年 ロイター/Gonzalo Fuentes)

[パリ 8日 ロイター] - テニスの四大大会の今季第2戦、全仏オープンは8日、当地で女子シングルス決勝を行い、世界ランク1位で第1シードのセリーナ・ウィリアムズ(31、米国)が同2位で第2シードのマリア・シャラポワ(26、ロシア)を6─4、6─4で下し、11年ぶり2回目の優勝を果たした。

最終セットに時速198キロの高速サーブで勝負に決着をつけたセリーナはコートにひざまずき、背をそらすようにして勝利の雄たけびを上げた。セリーナにとってはこれが通算16回目の四大大会シングルス優勝。

セリーナは試合後のインタビューにフランス語で応じ、「(初優勝から)11年後に優勝できるなんて信じられない。またここで優勝したい。まるで自分がパリジェンヌのような気持ち」と語った。

昨年の同大会でショッキングな1回戦敗退を喫したセリーナだが、その屈辱からはい上がり、続くウィンブルドン選手権、ロンドン五輪、全米オープンを制し、世界ランク首位に浮上。この12カ月で75勝4敗という圧倒的な成績を残した。

1968年のオープン化以降、全仏の女子シングルスで最年長優勝の記録を打ちたてたセリーナは、王者というものはどれだけ試合に勝つかではなく、故障や敗戦からいかに持ち直すかが大事だと考えているとし、「わたしの勝利への意欲は本当に高い。これからも現役を続けていくつか優勝したい」と語った。

*見出しの誤字を修正します。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below