Reuters logo
韓国で海外自動車メーカーがシェア拡大、海外勢は対応の厳しさ指摘
2013年6月14日 / 08:38 / 4年前

韓国で海外自動車メーカーがシェア拡大、海外勢は対応の厳しさ指摘

[ソウル 14日 ロイター] - 欧州連合(EU)や米国との自由貿易協定(FTA)発効が、韓国でBMW(BMWG.DE)やダイムラー(DAIGn.DE)傘下のメルセデス・ベンツなど海外の高級自動車メーカーの販売を押し上げた。

6月14日、EUや米国との自由貿易協定発効が、韓国でBMWやダイムラー傘下のメルセデス・ベンツなど海外の高級自動車メーカーの販売を押し上げた。写真は12日、韓国の高陽市で撮影(2013年 ロイター/Lee Jae-Won)

1─4月の輸入車の販売台数は全体の12%を占めた。昨年からシェアが5分の1高まり、10年前のわずか2%から上昇した。国内勢の現代自動車(005380.KS)と系列の起亜自動車(000270.KS)は横ばいだった。

韓国側が海外メーカーの勢いを押しとどめることを模索しているようで、韓国の議員や政府機関が打つあらゆる措置は、海外勢の事業環境が厳しいものとなることを目指したものだと国外の自動車メーカーや販売店は主張している。

3月には、韓国の議員らが価格5000万ウォン(4万4000ドル)以上の社用車について、法人税の税控除を減らす法案を提示。業界のデータによると、輸入車の半分以上の価格はそれを上回る水準で、少なくとも40%が法人の購入となっている。

また現地の報道によると、韓国の反独禁当局である公正取引委員会(FTC)が2月に価格カルテルの調査に絡み、韓国輸入自動車協会(KAIDA)の事務所やフォルクスワーゲン(VW)(VOWG_p.DE)のアウディ、BMW、メルセデス・ベンツ、トヨタ自動車(7203.T)の「レクサス」のオフィスに立ち入り調査を実施したという。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below