Reuters logo
シンガポールが指標金利不正操作などで20行処分、改革案も発表
June 14, 2013 / 6:08 PM / 5 years ago

シンガポールが指標金利不正操作などで20行処分、改革案も発表

[シンガポール 14日 ロイター] - シンガポール金融管理局(MAS)は14日、トレーダーがシンガポール銀行間取引金利(SIBOR)などの指標金利や為替レートを不正操作していたとして、20行を非難するとともに、準備金の積み増しを義務付ける処分を発表した。

MASによると、133人のトレーダーが不正行為を行っていたことが判明した。

20行は、SIBORの設定パネルに参加する全19行と豪マッコーリー銀行MBL.UL。

追加準備額が最も大きかったのは、UBSUBSN.VX、ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド(RBS)(RBS.L)、INGING.ASで、10億シンガポールドル(7億9952万米ドル)─12億シンガポールドルの積み増しを命じられた。

銀行が必要な是正措置を講じれば、追加準備は返金されるとしている。

UBS、INGのコメントは現時点で得られていない。RBSはこれまでMASの調査に協力しており、いかなる是正措置も講じるとしている。

    3行の他、懲戒処分を受けたのは、BNPパリバ(BNPP.PA)、バンク・オブ・アメリカ(バンカメ)(BAC.N)、オーバーシー・チャイニーズ銀行(OCBC) (OCBC.SI)、バークレイズ(BARC.L)、クレディ・スイスCSGN.VX、DBS(DBSM.SI)、ドイツ銀行(DBKGn.DE)、スタンダード・チャータード(スタンチャート)(STAN.L)など。

    またシンガポールの外国為替市場委員会と銀行協会は、指標金利に関する一連の改革案を発表した。米ドル建てSIBORについては撤廃し、今後は米ドル建てLIBOR(ロンドン銀行間取引金利)に準じる。

    シンガポールドル建てSIBORは引き続き銀行の提示レートに基づき算出するが、スワップ・オファー・レート(SOR)、インドネシアルピア、タイバーツの指標などについては、実取引に基づく方針に転換する。

    0 : 0
    • narrow-browser-and-phone
    • medium-browser-and-portrait-tablet
    • landscape-tablet
    • medium-wide-browser
    • wide-browser-and-larger
    • medium-browser-and-landscape-tablet
    • medium-wide-browser-and-larger
    • above-phone
    • portrait-tablet-and-above
    • above-portrait-tablet
    • landscape-tablet-and-above
    • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
    • portrait-tablet-and-below
    • landscape-tablet-and-below