Reuters logo
ロンドン株式市場=小幅高、週間では4週連続で下落
2013年6月14日 / 18:23 / 4年後

ロンドン株式市場=小幅高、週間では4週連続で下落

[ロンドン 14日 ロイター] - 14日のロンドン株式市場は小幅高。これまで売られ過ぎの状態のなかテクニカル要因で買いが入ったほか、この日発表された米経済指標が連邦準備理事会(FRB)による緩和縮小をめぐる懸念を和らげる内容になったことも下支えとなった。

FT100種総合株価指数.FTSEは3.63ポイント(0.06%)高の6308.26。一方、週間では4週連続での下落となった。指数は5月下旬に1年1カ月ぶりの高値をつけていた。

投資家は来週開かれる米連邦公開市場委員会(FOMC)に注目している。

クッツの国際株式ストラテジスト、ジェームズ・バタフィル氏は「この日の指標は量的緩和(QE)の早期縮小を見込む向きにとっては期待外れの結果となった」と指摘した。

鉱山株.FTNMX1770が1.8%上昇。需給要因から主要な非鉄金属価格が値上がりしたことや、シティが値ごろ感から欧州の基礎資源セクターの投資判断を「オーバーウエート」に引き上げたことが材料となった。

アングロ・アメリカン(AAL.L)は1.9%高。BHPビリトン(BLT.L)は1.4%高。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below