June 24, 2013 / 4:48 AM / 7 years ago

リオの海岸にサッカーボールの「墓標」、W杯開催に無言の抗議

6月22日、ブラジルのコパカバーナの海岸に、デモンストレーションの一環としてサッカーボールの「墓標」が制作された(2013年 ロイター/Pilar Olivares)

[リオデジャネイロ 22日 ロイター] - 南米ブラジルのコパカバーナの海岸に突如現れた無数の墓標――。よく見ると、これらはすべてサッカーボールだ。

来年、同国で開催されるサッカーのワールドカップ(W杯)や2016年の夏季五輪への財政支出に対する抗議が広がる中、デモンストレーションの一環として制作された。

制作を企画した団体の代表者は、ブラジル政府はW杯や五輪開催のために、ホームレスなど社会的弱者の命を犠牲にしていると批判している。この展示のために500個のサッカーボールが用意され、過去10年間に亡くなったブラジル国民50万人を表しているという。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below