June 26, 2013 / 12:17 AM / 6 years ago

テニス=ウィンブルドン、クルム伊達が2年ぶり初戦突破

6月25日、テニスの四大大会の今季第3戦、ウィンブルドン選手権の女子シングルス1回戦で、42歳のクルム伊達公子(写真)が18歳のカリナ・ビットヘフトを6─0、6─2で下した(2013年 ロイター/Eddie Keogh)

[ロンドン 25日 ロイター] - テニスの四大大会の今季第3戦、ウィンブルドン選手権の女子シングルス1回戦が当地で行われ、42歳のクルム伊達公子が18歳のカリナ・ビットヘフト(ドイツ)を6─0、6─2で下し、2年ぶりに2回戦に進出した。

最初に引退した1996年にはまだ1歳だった相手に勝利したクルム伊達は「たくさんの情熱を持っている。挑戦を楽しんでいる。自分の年齢では難しいことだから」とコメント。10代の選手が四大大会優勝から遠ざかっていることについては「パワーを頼りにして、コートを広く使っていない」と指摘した。

第1シードのセリーナ・ウィリアムズ(米国)もストレートで快勝。第4シードのアグニエシュカ・ラドワンスカ(ポーランド)、第6シードの李娜(中国)、第7シードのアンゲリク・ケルバー(ドイツ)も勝ち上がった。

森田あゆみはマリーナ・エラコビッチ(ニュージーランド)にフルセットで敗れ、初戦で敗退した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below