June 27, 2013 / 11:34 PM / 6 years ago

米上院が移民制度改革法案を可決、下院では審議されない可能性も

[ワシントン 27日 ロイター] - 米上院は27日、移民制度改革の関連法案を賛成68、反対32の賛成多数で可決した。合法的な滞在資格を証明できる書類のない数百万人に市民になる機会を提供するものだが、下院では法案の審議さえ行われない可能性もある。

52人の民主党議員全員に加え、46人の共和党議員のうち14人が賛成に回った。ほか独立系議員2人が賛成票を投じた。

共和党のベイナー下院議長は採決の直前、共和党が「大半の意向を反映した」独自の法案を審議すると強調した。米国に不法滞在する移民に市民権を付与することには多くの共和党議員が反対している。

下院の法案には、国境警備やビザの有効期限を超えて滞在する移民の摘発を厳格化することが盛り込まれる見込み。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below