July 2, 2013 / 12:36 PM / 7 years ago

インテル、100億ドルの投資計画めぐりイスラエル政府と協議=新聞

[テルアビブ 2日 ロイター] - 米インテル(INTC.O)は、イスラエルの半導体施設の新設・刷新に100億ドルを投じる計画について、同国政府と協議している。政府高官が2日、現地のイェディオト・アハロノト紙に語った。

イスラエル経済省・投資センターのディレクターを務めるナフム・イツコビッチ氏は同紙に対し「インテルはイスラエルに約100億ドルを投じる計画について協議を行っており、われわれは集中的な交渉を行っている」と語った。

協議が進められているのは、同国南部キリヤットガットにある半導体製造施設(Fab28)の改修に向けた30億ドルの投資と、今後10年間に70億ドルを投じ、同地に新施設を建設する計画。

政府が設立した交渉チームにはベネット経済相が含まれるという。

イスラエル政府が拠出する助成金の額については言及しなかった。

インテルの広報担当はコメントを差し控えた。経済省からはコメントを得られていない。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below