July 5, 2013 / 11:43 PM / 6 years ago

ドル101円台、米雇用統計受け緩和縮小観測強まる=NY市場

[ニューヨーク 5日 ロイター] - 5日終盤のニューヨーク外為市場では、ドルが101円台に乗せ5週間ぶり高値をつけたほか、対ユーロでも6週間ぶりの高値を記録した。雇用統計が予想を上回る結果となったことから、米連邦準備理事会(FRB)が9月にも資産買い入れを縮小するとの見方が強まった。

6月の非農業部門雇用者数は前月比19万5000人増となり、予想の16万5000人増を上回った。失業率は労働人口の増加を反映し7.6%と前月から横ばいだった。

FXソリューションズのチーフ市場アナリスト、ジョセフ・トレビサーニ氏は、非農業部門雇用者数が予想を上回ったことで、金利は上昇しFRBの量的緩和終了時期が早まるとし、今後もドルを支援すると指摘した。

ドル/円は一時101.22円まで上昇し、5月31日以来の高値をつけた。終盤は1.1%高の101.15円。

ユーロ/ドルは一時5月20日以来の安値となる1.2805ドルをつけ、その後は0.7%安の1.2829ドルとなった。

ポンドも対ドルは1.2%安の1.4895ドル。一時1.4856ドルと約4カ月ぶりの安値をつけた。

ドル指数.DXYは一時84.530まで上昇し約3年ぶりの高水準を記録した。終盤は1.4%高の84.433。

デーリー・フォレックスの為替アナリスト、デビッド・ソング氏は10日に発表される6月の米連邦公開市場委員会(FOMC)議事録について、「景気に対し一段と強気な見方が示される可能性があるほか、下期のより力強い回復を見込み、よりタカ派的な見解を示す当局者が増えていることも考えられる」と分析し、ドルの買い材料になる可能性があると指摘した。

ドル/円    終値   101.20/24

始値   100.19/22

前営業日終値   99.87/93(3日)

ユーロ/ドル  終値   1.2830/32

始値   1.2888/91

前営業日終値   1.3010/11(3日)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below