September 10, 2013 / 8:19 AM / 6 years ago

米アップルが廉価版「iPhone5C」発表へ、新興国に狙い

9月10日、米アップルは新興国を狙った「iPhone(アイフォーン)」の廉価版、「iPhone5C」を発表するとみられる。写真は同社のロゴ。昨年9月撮影(2013年 ロイター/Michael Dalder)

[クパチーノ(米カリフォルニア州) 10日 ロイター] - 米アップル(AAPL.O)は10日にスマートフォン(多機能携帯電話)「iPhone(アイフォーン)」の廉価版、「iPhone5C」を発表するとみられる。ターゲットとなるのは、従来の高額なアイフォーンに手が届かない新興国の消費者だ。

アップルは「5C」の投入で、インドや中国などの市場で韓国サムスン電子(005930.KS)や中国の華為技術(ファーウェイ)HWT.ULなどから市場シェアを奪回することを狙っている。「5C」は複数の色で販売されるとみられている。

アップルは同時に、従来の高性能アイフォーンの後継機「iPhone5S」を発表する見込み。

米国市場の関係者はアイフォーンの廉価版投入を評価しているが、投資家の間では当初、利益率とブランド価値の低下の可能性を懸念する声があった。

ただ、アップルの株価は1年前に過去最高水準である702.10ドルをつけて以来、成長鈍化懸念などを背景に29%下落していることもあり、投資家は新興国市場でのシェア拡大で株価が好転することに期待をしている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below