September 11, 2013 / 1:32 AM / 6 years ago

五輪=IOC新会長にバッハ氏、元フェンシング金メダリスト

9月10日、国際オリンピック委員会は会長選を行い、ジャック・ロゲ会長の後任の第9代会長にトーマス・バッハ副会長(写真)を選出した(2013年 ロイター/Enrique Marcarian)

[ブエノスアイレス 10日 ロイター] - 国際オリンピック委員会(IOC)総会は10日、当地で会長選を行い、ジャック・ロゲ会長の後任にトーマス・バッハ副会長(59、ドイツ)を選出した。

元フェンシングの五輪王者で、弁護士のバッハ氏は経済界、政界とのつながりが強く、最有力候補とみられていた。当選後のスピーチで「IOC会長の責任ついては理解している。五輪活動の関係者すべての利害を考え、バランスを取るためにベストを尽くす」と語った。

前会長のロゲ氏は実施競技の数に関して厳しい姿勢を取っていたが、バッハ氏はより柔軟な観点を示している。また、招致にかかる費用を抑えるなどして五輪開催の魅力を訴え、立候補する都市の数を増やしたいとの目標も語った。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below