Reuters logo
サッカー=チェコとスロバキアで八百長疑惑、19人以上訴追
2013年9月13日 / 02:32 / 4年後

サッカー=チェコとスロバキアで八百長疑惑、19人以上訴追

[プラハ 12日 ロイター] - チェコとスロバキアで行われたサッカーのリーグ戦で八百長行為や違法賭博の疑いがあったとして、少なくとも関係者19人が訴追された。警察当局が12日明らかにした。このほか、20人以上の関係者が尋問を受けている。

スロバキアの通信社SITAは警察関係者の談話として、賭博を取り仕切るアジアからの代表者が、選手に1試合あたり2000ユーロ(約26万円)から最大6万ユーロを支払っていたと報道。今季のチェコとスロバキアの1部リーグを含む計19試合で八百長があったと伝えている。

また、チェコ・サッカー協会は、下部リーグでの賭博行為について不備があったことが11カ月前に報告されていたと明らかにした。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below