Reuters logo
日銀の国債買入日は4営業日後の20日、振替停止期間に配慮か
2013年9月13日 / 04:02 / 4年後

日銀の国債買入日は4営業日後の20日、振替停止期間に配慮か

[東京 13日 ロイター] - 日銀が13日に実施した国債買入オペで、買入日が4営業日後の9月20日に設定された。買入日は通常、国債取引の決済スケジュールに合わせて2営業日後に設定されるため、異例とも言える措置となった。

国債買入は、対象年限を1年超3年以下、3年超5年以下、10年超に分けて通告された。買入総額は8000億円。国債取引は国債利払期日前の3日間は振替停止期間に設定されている。9月は20日が利払日に当たるため、17─19日が振替停止期間となる。

買入日の20日は9月に入札を終えた10年債や30年債、5年債の発行日に当たる。

東短リサーチ・上席研究員の飯田潔氏は「日銀は振替停止でオペの応札が減少することを回避したかったのではないか。20日に設定したことで、新発債の応札も可能になった」と述べた。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below