Reuters logo
風刺画掲載の仏紙編集長、日本の謝罪要求は「理解できない」
2013年9月13日 / 05:47 / 4年後

風刺画掲載の仏紙編集長、日本の謝罪要求は「理解できない」

[パリ 12日 ロイター] - 2020年の東京五輪開催と東京電力福島第1原発の汚染水問題を絡めた風刺画を掲載した仏紙の編集長が12日、ロイターの取材に応じ、日本から怒りの声が上がっていることについて「驚かされた」と述べ、謝罪の必要はないとの見解を示した。

9月12日、東京五輪開催と福島第1原発の汚染水問題を絡めた風刺画を掲載した仏紙の編集長が、日本からの謝罪要求は「理解できない」と述べた(2013年 ロイター/Reuters TV)

仏紙カナール・アンシェネに掲載された風刺画には、福島第1原発を背景に腕や脚が3本ある力士が土俵上で向かい合い、防護服を着たアナウンサーが「フクシマのおかげで、相撲は五輪競技となった」と実況している様子が描かれている。

12日に会見した菅義偉官房長官は、在仏日本大使館を通して同紙に抗議する意向を示していた。

これに対し、同紙のルイマリ・オロー編集長は、風刺画は誰かを傷つける意図で掲載したものではなく、日本の反応には「驚かされた」とコメント。「日本は謝ってほしいようだが、何について謝ればいいのか、私にはまったく理解ができない」と話した。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below