Reuters logo
米株上昇、週間ではダウ平均が今年1月以来の値上がり率
2013年9月13日 / 23:36 / 4年前

米株上昇、週間ではダウ平均が今年1月以来の値上がり率

[ニューヨーク 13日 ロイター] - 13日の米国株式市場は上昇。週間ではダウ平均の値上がり率が今年1月以降で最大となった。個別銘柄では半導体大手インテル(INTC.O)などが上昇。ただ米連邦公開市場委員会(FOMC)を来週に控え、手控えムードが根強かった。

9月13日、米国株式市場は上昇。週間ではダウ平均の値上がり率が今年1月以降で最大となった。写真はニューヨーク証券取引所で撮影(2013年 ロイター/Brendan McDermid)

ダウ工業株30種.DJIは75.42ドル(0.49%)高の1万5376.06ドル。

ナスダック総合指数.IXICは6.21ポイント(0.17%)高の3722.18。

S&P総合500種.SPXは4.57ポイント(0.27%)高の1687.99。

週間では、ダウが3%上昇。ナスダックが1.7%高。S&P500は2%高と、約2カ月ぶりの大幅な伸びとなった。ただし非常に狭いレンジでの取引に終始した。

再来週にはダウ平均の構成銘柄の入れ替えが行われる。新たに加えられるクレジットカード大手ビザ(V.N)はこの日2.1%高。週間では7%上昇した。

インテル(INTC.O)は3.6%高の23.44ドル。ジェフリーズは同社の投資判断を引き上げ、目標株価も30ドルに引き上げた。

一連の経済指標は成長率が第3・四半期にやや減速する兆候を示しているが、市場は、来週のFOMCで債券買い入れプログラムの縮小が決まると予想されている。

化石燃料の発電所を対象とした二酸化炭素(CO2)排出基準の公表が来週にも予定されるなか、石炭関連株が軟調となった。アルファ・ナチュラル・リソーシズANR.Nは2.4%安、ピバディ・エナジー(BTU.N)は3.2%安、アーチ・コールACI.Nは3.3%下落した。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below