September 18, 2013 / 1:37 AM / 5 years ago

テニス=薬物違反のチリッチ、出場停止処分に異議申し立て

9月17日、男子テニスの元世界ランク9位、マリン・チリッチは、禁止薬物の興奮剤に陽性反応を示し、9カ月の出場停止処分を言い渡されたことに対し、異議申し立てを行うと述べた。5月にパリで撮影(2013年 ロイター/Gonzalo Fuentes)

[ザグレブ 17日 ロイター] - 男子テニスの元世界ランク9位、マリン・チリッチ(24、クロアチア)は、禁止薬物の興奮剤に陽性反応を示し、9カ月の出場停止処分を言い渡されたことに対し、異議申し立てを行うと述べた。

国際テニス連盟(ITF)はチリッチに対し、薬物はブドウ糖の錠剤を通して摂取されたものであり、パフォーマンスの向上のためではなかったという説明を認めた上で、処分を下した。

チリッチは「すぐにスポーツ仲裁裁判所(CAS)に異議申し立てを行うつもりだ。私は故意に禁止薬物を摂取したことがなく、パフォーマンスを向上させる薬物の使用には反対していることを強調したい」とコメント。また、陽性を示した薬物がオフ中には禁止されていないものであることも付け加えた。

現在世界ランク24位のチリッチは、今年4月の大会で陽性反応を示した。処分は5月1日にさかのぼって適用され、来年1月31日からツアー復帰が可能。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below