September 19, 2013 / 10:14 AM / 7 years ago

任天堂の山内前社長が死去、「ファミコン」で世界的なメーカーに

9月19日、任天堂の前社長で相談役の山内溥氏(左)が、肺炎のため死去した。85歳だった。都内で1999年9月撮影(2013年 ロイター)

[東京 19日 ロイター] - 任天堂(7974.T)の前社長で相談役の山内溥氏が19日、肺炎のため死去した。85歳だった。山内氏は家庭用ゲーム機「ファミリーコンピュータ」や携帯型ゲーム機「ゲームボーイ」などを世に送り出し、トランプや花札を製造していた家業を世界的なゲームメーカーに育て上げた。

1992年には、経営危機に陥った米大リーグ球団シアトル・マリナーズを買収。米国任天堂が本拠を構えるシアトルに大リーグ球団を残して市に恩返しをしたいとの思いから、個人的にオーナーとなった(現在は米国任天堂が所有)。

2008年には米フォーブス誌の長者番付で日本人トップとなった。

02年に社長を退任し、取締役相談役に就任。05年には取締役も退任し、相談役に退いていた。

9月21日に通夜、22日に告別式を行う。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below