Reuters logo
5m超の深海魚発見、米西海岸沖でシュノーケリング中に
2013年10月16日 / 05:11 / 4年後

5m超の深海魚発見、米西海岸沖でシュノーケリング中に

[15日 ロイター] - 米カリフォルニア州のカタリナ島沖で13日午後、体長約5.5メートルの深海魚リュウグウノツカイの死がいが見つかり、人々を驚かせた。

10月15日、米カリフォルニア州のカタリナ島沖で、13日午後に体長約5.5メートルの深海魚リュウグウノツカイの死がいが見つかり、人々を驚かせた。提供写真(2013年 ロイター/Catalina Island Marine Institute/Handout via Reuters)

発見したのは、非営利の教育団体でインストラクターを務めるジャスミン・サンタナさん。週末にシュノーケリングを楽しんでいたところ、リュウグウノツカイの死がいを見つけたという。

リュウグウノツカイは最大17メートルに成長するが、深海に生息するため人の目に触れるのは珍しく、その生態については未知な部分が多い。

発見後、リュウグウノツカイは大人15人がかりで海岸に引き上げられた。同団体の職員は「32年間ここにいるが、このようなものは見たことがない」と述べたた。

リュウグウノツカイの死がいは損傷がほとんど見られず、同団体は個体の標本を展示する予定だとしている。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below