Reuters logo
温暖化で水没の危機迫るキリバスの家族、NZに「環境亡命」申請
2013年10月16日 / 10:54 / 4年後

温暖化で水没の危機迫るキリバスの家族、NZに「環境亡命」申請

[ウェリントン 16日 ロイター] - 太平洋に浮かぶ島々からなるキリバス共和国出身の家族が16日、地球温暖化による海面上昇を理由に、「環境亡命」を求めてニュージーランドの裁判所に訴えを起こした。

10月16日、太平洋に浮かぶ島々からなるキリバス共和国出身の家族が、地球温暖化による海面上昇を理由に、「環境亡命」を求めてニュージーランドの裁判所に訴えを起こした。写真はキリバス。5月撮影(2013年 ロイター/David Gray)

キリバスは海面上昇による水没の危機にさらされている国の1つで、海面からの高さの平均はわずか2メートルほどしかなく、そこに約10万人が暮らしている。

キリバス人のIoane Teitiotaさん(37)は、生命の危機や迫害の恐れがあるといった要件を満たしていないとして亡命申請を却下されたことを不服として、オークランドの高等裁判所に訴えを起こした。

Teitiotaさんは2007年にニュージーランドへ移り、3人の子供をもうけた。Teitiotaさんは、キリバスには安心して住める場所はないと訴える。

Teitiotaさんの弁護士は、難民の扱いを定めたニュージーランドの法律は第2次大戦末期につくられたものであり、深刻な環境破壊から逃れてくる人々など今日の事情を反映していないと批判している。

これに対してニュージーランドの入管当局は、Teitiotaさんの訴えが深刻なものであると認める一方、他のキリバス人が海面上昇の危機回避に努める中、Teitiotaさんの申請だけを認めるわけにはいかないと述べた。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below