Reuters logo
米住宅ローン申請が小幅上昇、新規購入向けは政府機関閉鎖が重し
2013年10月16日 / 12:20 / 4年後

米住宅ローン申請が小幅上昇、新規購入向けは政府機関閉鎖が重し

[16日 ロイター] - 米抵当銀行協会(MBA)が16日発表した10月11日までの週の住宅ローン申請指数(季節調整後、新規購入・借り換えを含む)は、前週比0.3%上昇し457.1となった。

政府機関一部閉鎖の影響で新規購入向け申請が減少した一方、借り換え需要が増加した。

借り換え向けローン申請指数は3.3%上昇の2060.8。一方、新規購入向けローン申請指数は4.8%低下して179.0となった。

MBAのリサーチ&エコノミクス担当バイスプレジデント、マイク・フラタントーニ氏は「政府プログラムへの新規購入向けローン申請は前週比7%超減少し、2007年12月以来の低水準となった。また、新規購入向けローン申請に占める政府プログラムの比率は約3年ぶりの水準に低下した」と分析した。

30年住宅ローン金利平均(固定、手数料除く)は前週比4ベーシスポイント(bp)上昇の4.46%。9月につけた年初来高水準の4.8%は下回っている。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below